本番を意識した実戦練習


よくある質問(FAQ)

質問

1. 阪大入試リハーサル2018(会場受験)について

Q1-1. 受験会場への交通アクセスを教えてください。

Q1-2. 会場受験を申し込んで欠席した場合は問題と解答を郵送してもらえますか?

Q1-3. 申込期限を過ぎた後は申し込めないのですか?

Q1-4. 申し込みのページから申し込みがうまくできないのですが?

Q1-5. どのような問題が出題されますか?また、レベルはどれくらいですか?

Q1-6. 判定は出ますか?

Q1-7. 「+αサポート」の質問会の会場はどこですか?

2. 採点・添削について

Q2-1. 採点と添削はどう違うのですか?

Q2-2. 添削(+αサポート)は申し込んだ方か良いのでしょうか?

Q2-3. 添削(+αサポート)だけを後から申し込むことはできますか?

Q2-4. 19日に受験した答案はいつ、どのように返却されるのですか?






回答

1. 阪大入試リハーサル2018(会場受験)について

Q1-1. 受験会場への交通アクセスを教えてください。

Ans

大阪府地下鉄堺筋線・中央線「堺筋本町本町駅」すぐ、の会場となります。詳細は受験票に同封する案内でご確認ください。

Q1-2. 会場受験を申し込んで欠席した場合は問題と解答を郵送してもらえますか?

Ans

はい。欠席された場合は、問題冊子・解答冊子・解答解説集・自己評価チェックシートの一式をご自宅にお送りいたします。

Q1-3. 申込期限を過ぎた後は申し込めないのですか?

Ans

後日掲載します。

Q1-4. 申し込みのページから申し込みがうまくできないのですが?

Ans

申込専用サイトからうまく申し込めない」というお問い合わせを時折いただきます。
■■ 必要事項の入力について ■■
エラーになる理由として、メールアドレスなどの前後に不要な「スペース」が入っている場合が考えられます。
「よい例「***@me-tis.net」、悪い例「 ***@me-tis.net」)
■■ その他の申込方法について ■■
原則、申込専用サイトで受け付けておりますが、銀行振込みによるお申し込みも承ります。
ご希望の場合は、お問い合わせに必要事項をご入力の上、
受験型と振込希望の旨を明記して(以下をコピー&ペーストしていただけます)お知らせください。
       ↓↓コピー&ペースト↓↓

阪大入試リハーサル2018「数III・英」or「数IIB・英」(←選ぶ)の申込、振込希望

お知らせをいただければ、折り返しこちらから「料金」と「銀行口座番号」をメールにてご案内いたします。
ご確認頂き、問題がなければお振込み頂き、ご入金が確認ができた時点(数日お日にちを頂きます。ご了承ください。)で受験票の発送(または商品を発送)をいたします。

Q1-5. どのような問題が出題されますか?また、レベルはどれくらいですか?

Ans

阪大入試の出題を分析しているプロの予備校講師(予備校での阪大模試の作成経験者)たちが近年の阪大の傾向を踏まえて、前期試験本番と同レベル・同内容の「予想問題」を作成しています。入試本番において年度による難易度のブレがあるため、受験生はある程度「どんなレベルかわからない」不安を抱えながら試験に望むことが本リハーサル模試の一つの大きな意義ですので、個々の科目や大問ごとのレベルについて事前にお答えすることはできません。(ただし、実施後に配付する解答解説集には各科目の各大問ごとにレベルや得点目標が記載されています。)
問題の内容・レベルについて「過去問を見てみたい」というご要望を何件かいただきましたので、参考までに2016年8月に実施した「阪大入試セミリハーサル」の理系数学文系数学の問題を期間限定にて掲載しております。期間内は無料にて閲覧していただけますが、予想問題集としての有料商品となりますので、解答をお見せすることはできません。ご了承ください。また、問題の著作権はすべて株式会社メーティスに帰属しております。個人の閲覧は自由ですが、他人への譲渡、外部への公開、解答作成や指導ツールとしての二次利用は固くお断り致します。

Q1-6. 判定はでますか?

Ans

予備校で実施される模試のような「判定」は出しません。各科目の採点を行い、成績表に「平均点と最高点、得点と順位」を記入してご返却します。
解答解説集は解説のみならず、自己評価の基準がとても詳細に掲載されており、連動したチェックシートがついております。直前に大事なのは「他人から言い渡される合格判定」ではなく、「残り時間で何に集中して取り組むべきかを自ら見極めること」ですので、きっとお役に立てると思います。

Q1-7.

+αサポート」の質問会の会場はどこですか?

Ans

1月25日現在、質問会(2月23日)の会場は未定です。
(候補としましては、受験会場と同じ会場「堺筋本町駅すぐ」か地下鉄御堂筋線「桃山台駅」近くの会場で予定しております)
決まり次第、本サイトにてお知らせいたします。

1. 2. 採点・添削について

Q2-1. 採点と添削はどう違うのですか?

Ans

採点:細分化されたチェック項目に沿って正誤を判定し、点数をつけます。
   阪大入試リハーサル2018会場受験には採点サービスが付いています。
添削:「採点」よりもさらに踏み込んで
   ・誤りの部分の問題点(原因)を指摘する
   ・アドバイスを行う
   というサービスです。
   別途、有料の「+αサポート」の申込が必要となります。

Q2-2. 添削(+αサポート)は申し込んだ方か良いのでしょうか?

Ans

会場にて受験される方は実施する全科目とも追加料金無しの採点サービスが付いています。また、解答解説集と併せて「自己評価チェックシート」が付いており(全科目)、自分で細部にわたって項目ごとにチェックすることができる仕組みとなっております。
したがって、添削(+αサポート)を申し込まなくても自分で弱点把握ができ、その後の学習指針を見いだすことは十分可能です。
「どうしても添削をして欲しい」という方のみ、お申し込み頂ければ結構です。

Q2-3.

添削(+αサポート)だけを後から申し込むことはできますか?

Ans

はい。可能です。
ただし、定員に達した場合は締切とさせて頂きます。
申込専用サイトにて「sold out」と表示されます)

Q2-4.

19日に受験した答案はいつ、どのように返却されるのですか?

Ans

原則、受験者全員、自宅への郵送(レターパックまたは速達)となります。 22日の早朝までに投函(大阪府豊中市発)する手はずで予定を組んでおりますので、早ければ22日中、遅くとも23日中には届くかと思います。 (リハーサル受験会場まで宿泊せずにいらっしゃる距離圏内にご自宅があることを想定してお答えしております。 もしもご自宅が遠方で上記送付日程に不安がある場合はデータをスキャンしてメールなどでお送りすることも対応できますので、 その場合はご相談ください。) 別途、「+αサポート」(5000円)もお申し込みの場合は、23日の質問会で直接手渡しすることも可能です。 いずれにしましても、受験日当日に解答送付方法について全員に再度確認いたしますので、そのときに希望がありましたらお伝え戴けます。