夏期講習 講座内容紹介

注意1 講座によっては担当講師によって指導方針の異なるものもあります。ここに掲載しているものはあくまで『藤田』の指導方針です。
注意2 このページからは講習の申し込みはできません。受講希望の方は正規の手続きに従って申し込み (河合塾HPはこちら) をしてください。
センター講座(藤田担当分) 特定大講座(藤田担当分) 数学総合講座(藤田担当分)


情報の読解力・分析力を飛躍的に向上させるための集中講座

理系数学(思考と視点の探究)〜解法が決まるまでのプロセスを学ぶ〜

@大阪校 (7/18〜7/22,15:30〜17:00)
@天王寺校 (7/23〜7/27,13:40〜15:10)
@上本町校 (7/23〜7/27,17:20〜18:50)
@大阪校 (8/5〜8/9,19:10〜20:40)
おそらく,全予備校の中で唯一,「問題の読み方」に踏み込んで扱う講座です.
よく,「方針や計画を立てろ」とか「考え方を学べ」とか言いますが,
方針とは何ですか?
計画を立てるのが重要なのは誰でもわかってます.どうすれば方針が立てらるようになるのですか?
そこに踏み込みます.
講座内容のイメージはこちら
詳細・申込(河合塾HP)はこちら | 受講生専用サイト


トップ理系数学(図形的思考の整理)

@上本町校 (7/29〜7/31,9:30〜11:00)
図形的な視点を確立することを目標とした講座です.
(藤田も執筆に携わりました)
扱う問題のレベルはめちゃくちゃ高いです。覚悟して臨んでください。
第1講「基本的な量による表現」
第2講「関係性への着眼」
第3講「情報の分析と全体像の把握」
  • 毎講5題を予習し,講義で扱うという形式.
  • ただし,当日に配付解答(解法ノート)が用意されており,解答そのものは原則板書されない
  • 講義では,その講で学ぶべき考え方や解法の技術,理論,知識等についての説明がなされる
講座内容のイメージはこちら


計算力を飛躍的に向上させるための集中講座

得点直結 計算術 〜先読みで計算力アップ〜

@天王寺校 (7/18〜7/22,19:10〜20:40)
@大阪校 (8/5〜8/9,15:30〜17:00)
難関大学理系学部入試で差がつく計算で要求される「計算力」を鍛えることに特化した講座です.
“単なる計算”であっても,ただ急いでゴリ押しするだけではめちゃくちゃ損します。
ほとんどの単元の多くの計算では 先にある程度の「結果の型」が見えるため, ちょっとしたコツを効率よく覚えておけば 作業量が格段に減らせるのです。 それを数多く体感&練習してもらいます。
また,通常の数学の講座は1講につき3,4題ですから,5講で多くとも全20題程度を凝縮して扱う,いわば「質」を重視したカリキュラムになっていますが, この講座は「計算力」を鍛えるという目的を達成するために「量」にもこただって作成されています。 復習用ドリルも併せると,全部で140題程度!ほとんど「問題集1冊」って感じです。 しかも計算で盲点となりやすいものばかりが選ばれているため「質」にもこだわって作成されています。
■扱うテーマ■
整式の四則演算 / 整式の係数比較 / 足し算で差を求める / 微分係数の定義を用いた極限計算 / 置換せずに原始関数を見つける
絶対値と偏角を独立に扱う / 公式を用いずに部分積分 / 桁数・最高位 / 2項間漸化式を効率良く解く
和→積・積→和の公式 / 平面上の点の座標 / 定積分を微分する / 等差・等比・平方数の和
Σ(階差)の形を作る / 基本内積で表して計算 / 有理化 / $|z - \alpha | = r|$に変形
平面に下ろした垂線の足の座標 / 積分区間の分割とΣの立式・整理 / 対称性を活かしてサボる / ${}_n{\rm C}_k$の処理

■問題例■
ex1) $a_1=2,~a_{n+1}=2a_n +5n^2 +3^n ~(n=1,2,3,\cdots )$で定まる数列の一般項を求めよ。
ex2) $\displaystyle \frac{d}{dx}\bigg\{ \int_{2^x}^{2^x+1} (\log t)^5 dt \bigg\}$ を計算せよ。
ex3) 3点A(4,9,8), M(7,7,9),N(5,8,8)を通る平面に点P(3,4,5)から下ろした垂線の足Hの座標を求めよ。
詳細・申込(河合塾HP)はこちら | 受講生専用サイト


トップ理系数学(賢者の計算)

@上本町校 (8/1〜8/2,9:30〜11:00)
効率よく正確に計算を行うには,広く深い知識を獲得するとともに,問題に臨む際の心構えを充実させておくことが重要となる」 という理念のもと,数年前に生み出された講座です.
(藤田も執筆に携わりました)
扱う問題のレベルはめちゃくちゃ高いです。覚悟して臨んでください。
第1講「計算の効率化」
第2講「仕組みの把握と計算」
  • 毎講5題を予習し,講義で扱うという形式.
  • ただし,当日に配付解答(解法ノート)が用意されており,解答そのものは原則板書されない
  • 講義では,その講で学ぶべき考え方や解法の技術,理論,知識等についての説明がなされる
詳細・申込(河合塾HP)はこちら


センター試験 対策講座

センター試験対策数学IIB

@上本町校 (7/23〜7/27,19:10〜20:40)
  • IIBの各単元(「確率分布と統計的な推測」は扱いません)を5日間で扱います.頻出テーマを中心に扱います.
  • センター本試験のレベルの問題のうち, 標準レベルのものを集めています.
  • 毎回「受験生藤田君のメモ」という位置付けで解答プリントを配付します.
  • 「センター試験での心構え」「効果的なメモの取り方」「問題文の読みとり方」「暗算法」「高速処理法」などを中心に扱います.
  • 公式の「用途」の確認はしますが,公式そのものは既知であることを前提とし,一からの説明はしません.
詳細・申込(河合塾HP)はこちら

センター試験対策数学IA

担当なし。

センター試験対策数学IAIIB

担当なし。


特定大 対策講座

東大理類数学

@上本町校 (7/29〜8/2,11:20〜12:50)
  • 東大入試本番で差がつくレベルの問題を中心に扱います。
  • 毎講テキスト掲載の演習問題3題に予習で取り組み、授業時間内で解決する形式(グループワークが中心)
  • 講毎に特定のテーマは定まっているわけではなく、毎講総合演習となっています。
  • 東大入試特有の「自ら設定」「分類整理の観点選び」「情報の優先付け」「計算の効率化」といったポイントが盛りだくさんの良問 を多く扱います。
詳細・申込(河合塾HP)はこちら

阪大理系数学

@神戸三宮校 (7/29〜8/2,15:30〜17:00)
  • 阪大入試本番で差がつくレベルで頻出の分野の問題を中心に扱います。
  • 毎講テキスト掲載の演習問題3題に予習で取り組み、講義で解説を受ける形式。(状況によってはグループワークを取り入れます。)
  • 読解上の注意点,方針の立て方を中心に扱います。
  • 第1講「数の性質」、第2講「場合の数,確率」、第3,4講「図形」、第5講「微分法,積分法」(注:過年度の場合。変更の可能性あり)
詳細・申込(河合塾HP)はこちら


総合講座 詳細

理系数学演習[発展]

@天王寺校 (8/12〜8/16,17:20〜18:50)
  • 毎講3題を予習し、講義で解説を聞く、という形式です。
  • 難関大学理系数学入試で頻出かつ差がつく問題を重点的に扱います。
  • 問題の読解における着眼点、方針の立て方を取得すること目的とした講座です。
詳細・申込(河合塾HP)はこちら