コンテンツ

■お申し込み・お知らせ・Q&A■

| お申し込み・お問い合わせ | お知らせ | Q&A・呟き

■阪大入試リハーサル2021 実施要項■

| 実施日・会場・定員 | 受験型と実施教科・タイムテーブル | 料金・サービス内容

■阪大入試リハーサルとは?■

| 阪リハとは? | 阪リハの特徴 | 主催者よりご挨拶

■過去にこの模試を利用した受験生の声■

| 合格者の体験談 | お勧めポイントを挙げてもらいました | 受験生のアンケートから

■過去問販売■

| 「阪リハ」の過去問販売

■阪大入試の形式と特徴■

| 阪大の英語 | 阪大の数学 | 阪大の理科
阪大合格へ向けた最後の手引き

お申し込み・お問い合わせ

お申し込み・お問い合わせ

 お申し込み方法

会場での受験:受付終了

自宅での受験:受付終了

教材のみのご購入はこちら

 お問い合わせ

お問合せフォーム
注:大阪大学はお問い合わせ窓口ではありません。
サイトTopへ

お知らせ

 2021年度阪大入試速報

  • 数学III型
    第1問:解答例 (1)Lv2,(2)Lv3
    第2問:解答例 (1)Lv2.5,(2)Lv 2
    第3問:解答例 (1)Lv2,(2)Lv3,(3)Lv4
    第4問:解答例 (1)Lv3.5,(3)Lv4
    第5問:解答例 (1)Lv2.5,(2)Lv 4
    チェックシート
  • 数学IIB型
    第1問:解答例 (1)Lv2,(2)Lv2.5,(3)Lv3
    第2問:解答例 (1)Lv2.5,(2)Lv 2
    第3問:解答例 (1)Lv1.5,(2)Lv2.5,(3)Lv3.5
    チェックシート
  • お願い
    今後のリハーサル教材作成のために受験生の皆様の状況を教えていただけないでしょうか。
    ご協力いただける場合は、チェックシートに記入したものを以下のいずれかの方法でお送りください。

    方法1

    スキャンしたものを ers@me-tis.net 宛にメールでお送る

    方法2

    〒560-0084大阪府豊中市新千里南町3-1-18-302
    METIS阪大入試リハーサル事務局
    宛に郵送で送る

    方法3

    LINEID「@814aiofx」で「阪大入試リハーサル」をライン友達に登録し、トークで送信する
    また、リハーサル事務局での活動に興味をお持ちの方はその旨も一言添えていただけると幸いです。

Q&A・呟き

 Q&A

 呟き

お申し込みはこちら | サイトTopへ

阪大入試リハーサル2021 実施要項

実施日・会場・定員

2月11日(木・祝)
  • 理系一般:134名※、 文系一般:81名※
  •  (いずれも先着締切
  • 新型コロナ感染予防対策として、募集定員を教室定員の半数としております。ご了承ください。
  • ※ 以下の条件のいずれかが満たされた場合、順次募集を締め切りといたします。
    • ・数学III型の受験者数が134名に達した場合
    • ・英語一般(文学部・外国語学部以外)の受験者数が148名に達した場合
    • ・その他、教室の定員に達した場合
お申し込みはこちら | サイトTopへ

受験型と実施教科,タイムテーブル






お申し込みはこちら | サイトTopへ

料金・サービス内容

受験型 受験教科 受験料
S13理系数英理2型 数(III型),英,理2 13,200円
N93看護数英理1型 数(III型),英,理1 11,800円
M51外語学部数英型 数(IIB型),英(外) 11,100円
M54外語学部英型 英(外) 9,600円
K61文学部数英型 数(IIB型),英(文) 10,500円
K64文学部英型 英(文) 9,000円
L71文系一般数英型 数(IIB型),英 10,500円
チケットペイへのお支払いとしてシステム利用料金220円、チケット発行手数料110円が加算されます。

  • ■上記料金は税込表示です。
  • ■上記料金には採点・添削料や答案の送料などが全て含まれております。追加料金は必要ございません。
受験いただく各教科について、以下のものが含まれます。
  • ■問題冊子(試験で使用)
  • ■解答用紙 または 解答用冊子(試験で使用)
  • ■解答・解説集(試験当日、試験終了後に配付)
  • ■チェックシート(試験当日、試験終了後に配付)
  • 試験実施後、約1週間で返却します。
    答案返却予定日:2月19日(金)
  • 入試本番と同様、答案用紙には受験番号のみを記載する方式をとります(氏名は記入しませんので、採点者は受験生を特定することができません)。
    試験当日は受験票を忘れず持参してください。
  • 数学・英語については1枚の答案を2人のプロがチェックしながら採点します。類を見ないであろうハイクオリティな採点添削となります。
お申し込みはこちら | サイトTopへ

阪大入試リハーサルとは?

阪大入試リハーサル(阪リハ)とは?

  • ■2月の国公立前期日程で阪大を受験する受験生を対象とした模擬試験です。
  • ■阪大入試に可能な限り近い状況を設定して実施されるため、阪大入試のリハーサルとして利用できます。
  • ■阪大を受験する方はどなたでもお申込みいただけます。
お申し込みはこちら | サイトTopへ

阪大入試リハーサルの特長

  • ■大阪大学構内で受験できる
  • ■入試当日と同時刻での実施
  • ■問題冊子・解答用紙は本番と同様の仕様
     →試験当日に注意すべき点が明確になる!

  • ■試験の内容・レベルともに本番と同等
  • ■詳細なチェックシートで課題が明確に見える
  • ■採点された答案が約一週間後に届く
     →残された期間に取り組むべき課題が把握できる

お申し込みはこちら | サイトTopへ

主催者よりご挨拶

予備校でこれまで何千人もの阪大受験生を見てきましたが、 毎年多くの方が本番で「大失敗」をしています。 せっかく合格する力を持っているのに、 入試本番では緊張のせいで自らを見失い「ありえない」ミスを犯して全く力を発揮できずに終わっているのです。 こうしたことが起こらないために、 試験当日にできるだけ近い状況で試験の場数をこなせる環境を用意しました。 阪大入試リハーサルによって最高の準備をしていただけるものと確信しています。

主催責任者:(株)メーティス 代表取締役 藤田 貴志

お申し込みはこちら | サイトTopへ

過去にこの模試を利用した受験生の声

合格者の体験談

お申し込みはこちら | サイトTopへ

お勧めポイントを挙げてもらいました

お申し込みはこちら | サイトTopへ

受験生のアンケートから

「阪大入試リハーサル」を受験した理由


大阪大学構内で受験できるから90人
入試当日と同時刻での実施だから61人
問題冊子・解答用紙が本番と同等だから61人
試験の内容・レベルとも本番と同等だから34人
詳細なチェックシートで課題が明確に見える19人
残された期間に取り組むべき課題が把握できる59人

2019年度に実施したアンケートより

お申し込みはこちら | サイトTopへ

「阪リハ」の過去問販売

阪大入試リハーサルの過去問を編集し、「阪大入試予想問題セット」として販売しています。
実施したリハーサルと同様、入試本番と同じ仕様の問題冊子、解答用冊子を用意しています。
また、問題読解時における着眼点など、思考過程を詳細に掲載した解答解説集だけでなく、 答案の詳細な採点基準と自らの認識度合い(読解の程度、方針を立てるまでの思考プロセス)を自己評価できるチェックシート付きです。
入試本番を意識した実戦的な練習として利用できるだけでなく、阪大の入試傾向をつかみ、現時点での自分の課題を明確につかむことができるセットです。

阪大入試リハーサル2020(過去問セット)


教科別(現在、数学のみの販売となります)

サイトTopへ

阪大入試の形式と特徴

阪大の英語、試験形式

■試験時間
  •  文 学 部 :105分
  •  外国語学部 :120分
  •  その他の学部: 90分
■試験内容
外国語学部     文学部・その他の学部
Ⅰ 英文和訳 Ⅰ 英文和訳
Ⅱ 長文読解 Ⅱ 長文読解
Ⅲ 自由英作文 Ⅲ 自由英作文
Ⅳ 和文英訳 Ⅳ 和文英訳
Ⅴ リスニング
■解答用紙
  •  解答欄が小さい

阪大の数学、試験形式

■試験時間
  •  数学III型:150分
  •  数学IIB型: 90分
■試験内容
  •  数学III型:大問5題
  •  数学IIB型:大問3題
  •  すぐには単元やテーマが特定し辛いものが多い
  •  小設問が誘導になっていたりいなかったりする
  •  読解力が強く求められている
  •  根本的な数学の見方が重視されている
■解答用紙
  •  解答冊子をミシン目に沿って切り分ける
  •  大問ごとに両面1枚

阪大の理科、試験形式

■物理,化学,生物から2科目選択
■試験時間:150分(時間配分は自由)
■試験内容
物理
  • [1]力学が中心
  • [2]電磁気が中心
  • [3]波動・原子が中心
化学
  • [1][2]無機・理論が中心
  • [3][4]有機が中心(高分子・アミノ酸が多い)
■解答用紙
  •  大問ごとに1枚
  •  設問ごとに解答欄が用意されている
サイトTopへ