お知らせ


阪大入試リハーサルとは?

  • ★2月の国公立前期日程で阪大を受験する受験生を対象とした模擬試験です。
  • ★阪大入試に可能な限り近い状況を設定して実施されるため、阪大入試のリハーサルとして利用できます。
  • ★阪大を受験する方はどなたでもお申込みいただけます。
  • ★今年度は大阪大学豊中キャンパス内で2月12日(火)に実施しました。(終了しました)
  • ★来年の実施については現在未定です。詳細が確定次第、本サイトに掲示いたします。

阪大入試リハーサルの特長

  • ■大阪大学構内で受験できる
  • ■入試当日と同時刻での実施
  • ■問題冊子・解答用紙は本番と同様の仕様
     →試験当日に注意すべき点が明確になる!

  • ■試験の内容・レベルともに本番と同等
  • ■詳細なチェックシートで課題が明確に見える
  • ■採点された答案が約一週間後に届く
     →残された期間に取り組むべき課題が把握できる


過去にこの模試を利用した受験生の声

合格者の体験談

お勧めポイントを挙げてもらいました

過去問販売

阪大入試の形式と特徴

阪大の英語、試験形式

■試験時間
  •  文 学 部 :105分
  •  外国語学部 :120分
  •  その他の学部: 90分
■試験内容
  • Ⅰ 英文和訳
  • Ⅱ 長文読解
  • Ⅲ 自由英作文
  • Ⅳ 和文英訳
■解答用紙
  • 解答欄が小さい

阪大の数学、試験形式

■試験時間
  •  数学III型:150分
  •  数学IIB型: 90分
■試験内容
  •  数学III型:大問5題
  •  数学IIB型:大問3題
  •  すぐには単元やテーマが特定し辛いものが多い
  •  小設問が誘導になっていたりいなかったりする
  •  読解力が強く求められている
  •  根本的な数学の見方が重視されている
■解答用紙
  •  解答冊子をミシン目に沿って切り分ける
  •  大問ごとに両面1枚

阪大の理科、試験形式

■物理,化学,生物から2科目選択
■試験時間:150分(時間配分は自由)
■試験内容
物理
  • [1]力学が中心
  • [2]電磁気が中心
  • [3]波動・原子が中心
  • 化学
  • [1][2]無機・理論が中心
  • [3][4]有機が中心(高分子・アミノ酸が多い)
  • ■解答用紙
    •  大問ごとに1枚
    •  設問ごとに解答欄が用意されている